このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

CSSの実数

記事Jan. 24th,2019
July 7th,2020
CSSの<number>値、実数について
この記事はCSS3に対応しています。
この記事はCSS3に対応しています。

““<number>”値”とは?

<number>”値は整数もしくは小数部分のある数値を表します。

<number>”値は<integer>”値もしくは小数点(“.”)とそれに続く1桁以上の10進数で表現します。

+”もしくは“-”を付けた正負の表記、“e”(もしくは“E”)を使用した指数表記が可能です。

小数部がない数値(<integer>”値)は有効な“<number>”値ですが、小数点の後に数字がない表記は無効です。

<number>”値の例

以下は有効な“<number>”値の例です。

正の実数
123.45
+123.45

負の実数
-123.45

ゼロ
0.0
+0.0
-0.0

整数部がない実数
.123

<integer>”値
123
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク