このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

a要素~name属性注意

記事Apr. 8th,2015
July 7th,2020
到達点として指定するための名前を指定する属性
この記事はHTML Living Standardに対応しています。
この記事はHTML Living Standardに対応しています。
この属性は現行の仕様では廃止されています。
この属性は現行の仕様では廃止されています。

name”属性について

name”属性はページ内リンクの到達点として使用するための属性です。

値として固有の識別子を指定し、その値に“#”をつけてhref”属性の値とすることでその箇所へのリンクとすることができます。“name”属性で指定する値は同じ文書内で重複することはできません。

href”属性を指定しなければその到達点はリンクにはなりませんが、href”属性と併用することもできます。

代替方法

HTML5でこの属性は廃止されているので使用するべきではありません。

グローバル属性id”属性をリンク先としたい要素に指定することで同様にウェブページ内の特定の箇所へのリンクとすることができます。

指定できる値

属性値 説明
文字列 固有の識別名

サンプルコード

同じページ内の特定の箇所へリンク
<p><a href="#sample2">リンク</a></p>
同じページ内へのリンクの到達点
<p><a name="sample2">リンクの到達点</a></p>

id”属性と併用することで古いブラウザでの表示に対応することができます。ただし、値は同じでなければいけません。

<p><a name="sample2" id="sample2">リンクの到達点</a></p>
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク