このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

ontransitionrun”イベントハンドラ

記事Sep. 1st,2021
CSSの遷移効果が生成された時に発生するイベント
この記事はHTML Living Standardに対応しています。
この記事はHTML Living Standardに対応しています。

ontransitionrun”イベントハンドラ

イベント名 transitionrun”イベント
インターフェース TransitionEvent”インターフェース
バブリング Yes
キャンセル No

ontransitionrun”イベントハンドラはCSSのtransition”プロパティなどによる遷移効果が生成された時に発生する“transitionrun”イベントを処理するためのイベントハンドラです。

transition-delay”プロパティによる遅延時間の開始時に発生します。遅延時間がない場合は“transitionrun”イベントと遷移効果が開始された時に発生する“transitionstart”イベントがどちらも発生します。

ontransitionrun”イベントハンドラはすべてのHTMLの要素でコンテント属性とIDL属性として使用できます。また、すべての“Document”オブジェクトと“Window”オブジェクトでIDL属性として使用できます。

サンプルコード

IDL属性

var count = 0;
document.getElementById("sampleElement").ontransitionrun = function() {
count++;
document.getElementById("counter").innerHTML = count;
};
.box {
transform: scale(1.5);
transition: 2s;
}
<div id="sampleElement">♪</div>

<p>イベントの発生回数:<output id="counter">0</output>回</p>

イベントの発生回数:0

コンテント属性

var count = 0;
function counter(){
count++;
document.getElementById("counterCont").innerHTML = count;
};
.box {
transform: scale(1.5);
transition: 2s;
}
<div ontransitionrun="counter();">♪</div>

<p>イベントの発生回数:<output id="counter">0</output>回</p>

イベントの発生回数:0

一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク