このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

“:visited”疑似クラス

記事Feb. 22nd,2019
CSSの疑似クラス、“:visited”について
この記事はCSS3に対応しています。
この記事はCSS3に対応しています。

:visited”疑似クラス

:visited”疑似クラスは訪問済みのハイパーリンクであることを表します。

未訪問のハイパーリンクは:link”疑似クラスで表されます。また、:any-link”疑似クラスは訪問済みか未訪問かに関係なくハイパーリンクを表します。

href”属性が指定されたa”要素area”要素は必ず“:visited”もしくは:linkのどちらかの状態を満たします。

ユーザー・エージェントは訪問から一定期間が経過すると訪問済みのリンクを未訪問の状態に戻すことがあります。また、ユーザー・エージェントはユーザーのプライバシーを保護するなどの目的で、すべてのリンクを未訪問として扱うこともあります。

同じハイパーリンクに:hover”疑似クラス:active”疑似クラスを使用してスタイルを適用したい場合は“:visited”疑似クラスで適用先を指定したスタイルはこれらの疑似クラスで適用先を指定したスタイルを上書きしてしまうため、これらよりも先に記述する必要があります。

使用例

a:link {
color: #483d8b; /**/
}

a:visited {
color: #db7093; /**/
}
<ul>
<li><a href="sample1.html">サンプルリンク-1</a></li>
<li><a href="sample2.html">サンプルリンク-2</a></li>
</ul>
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク