このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

scaleY()”関数CSS3で追加

記事Aug.3rd,2021
要素をY軸方向に拡大もしくは縮小するCSSの関数、“scaleY()”について
この記事はCSS3に対応しています。
この記事はCSS3に対応しています。

scaleY()”関数

scaleY()”関数は要素をY軸方向に拡大もしくは縮小するための関数です。

<transform-function>”値として使用することができ、transform”プロパティで要素を拡大もしくは縮小させることができます。

引数は1個の<number>”値もしくは<percentage>”値で、Y軸方向の拡大率を表します。

scaleY(〚拡大率〛)

<percentage>”値の“100%”は<number>”値の“1”に、“0%”は“0”に対応します。

引数が“-1”より小さいか“1”より大きい数である場合は要素は拡大されます。また、“-1”と“1”の間の数である場合は要素は縮小されます。引数が“-1”もしくは“1”の場合は大きさは変化しません。

引数が負の数である場合はY軸方向(上下)に反転します。

変形マトリクス

以下は“scaleY(y)”を表す変形マトリクスの成分です。

m11 m21 m31 m41
m12 m22 m32 m42
m13 m23 m33 m43
m14 m24 m34 m44
1 0 0 0
0 y 0 0
0 0 1 0
0 0 0 1

使用例

二次元

.transform-1 { transform: scaleY(1);}
.transform-2 { transform: scaleY(1.5);}
.transform-3 { transform: scaleY(0.5);}
.transform-4 { transform: scaleY(-1);}
scaleY(1)
scaleY(1.5)
scaleY(0.5)
scaleY(-1)

三次元

.transform-1 { transform: scaleY(1);}
.transform-2 { transform: scaleY(1.5);}
.transform-3 { transform: scaleY(0.5);}
.transform-4 { transform: scaleY(-1);}
scaleY(1)
scaleY(1.5)
scaleY(0.5)
scaleY(-1)

仕様書

定義されている仕様書
Level 1 Level 2
勧告候補(CR) 作業草稿(WD)
scaley()
定義あり

定義あり
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク