このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

menu要素:操作メニュー

記事Sep. 26th, 2020
操作メニューを表す要素
この記事はHTML Living Standardに対応しています。
この記事はHTML Living Standardに対応しています。

要素について

menu”要素は操作メニューを表す要素です。ユーザーによる操作が可能なコマンドを持つ要素のリストであり、一つ一つの要素は子要素となるli”要素の中に配置します。

ユーザーが操作するための項目を含むという意味合いの違い以外は順不同リストを表すul”要素と基本的に同じです。

サンプルコード

<menu>
<li><button onclick="command1()">ごきげんよう</button></li>
<li><button onclick="command2()">ありがとう</button></li>
<li><button onclick="command3()">さようなら</button></li>
</menu>

<script>
function command1() {
alert('Hvordan har du det?')
}
function command2() {
alert('Takk!')
}
function command3() {
alert('Ha det bra!')
}
</script>
  • 属性と値

    現行の仕様で定義されている属性

    属性
    属性 説明 説明
    必須属性
    なし
    任意属性
    グローバル属性

    過去に定義された属性

    属性
    属性 説明 説明
    type=""注意 メニューの種類 context コンテキストメニュー
    label=""注意 入れ子にされたコンテキストメニューのラベル テキスト 入れ子にされたコンテキストメニューのラベル

    仕様書

    menu”要素はHTML2.0から定義されている要素です。現行の仕様であるHTML Living Standardでも定義されています。

    HTML 4 HTML 5 HTML 5.1 HTML 5.2 HTML Living Standard
    <menu>
    非推奨

    削除

    定義あり

    削除

    定義あり
    一番上へ
    トップにもどる
    シェアする
    シェアする
    Facebookでシェアする
    ツイート
    Google+でシェア
    Pocket
    はてなブックマーク