このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

HTML5.1への変更点

HTMLタグ辞書
HTML5からHTML5.1への要素や属性の主な変更点。新しい要素と属性や変更、廃止された要素と属性の一覧

このページの内容にはHTML5.2への変更は反映されていません。HTML5.2への変更点は“HTML5.2への変更点”を参照してください。

HTML5.1

HTML5.1とは?

HTML5.1は2016年11月1日にW3Cによって勧告されたHTML5のマイナーアップデートです。HTML4からの変更ほど大きな違いはありませんが、HTML5で定義しきれなかった部分の仕様変更などが行われています。注目されている変更としてはCSSやJavascriptなどを使用せずにレスポンシブデザインを実現できるpicture”要素と“srcset”属性の追加などがあげられます。

要素の変更点

追加された要素

以下の要素はHTML5.1で新しく追加されました。

要素 用途
<details> 開閉式のウィジェットを表す
<menu> 操作メニューを表す
<menuitem> 操作メニューの項目を表す
<picture> 表示する画像を最適化する
<summary> 開閉式のウィジェットの説明文を表す

変更された要素

以下の要素はHTML5.1で変更されました。

要素 変更点
<a> href”属性を指定しない場合はインタラクティブ・コンテンツではなくなりました
<figcaption> figure”要素内での配置場所の指定がなくなりました
<footer> セクショニング要素内に配置されている場合入れ子にすることができるようになりました
<header> セクショニング要素内に配置されている場合入れ子にすることができるようになりました
<input> type="submit"”の“value”属性の値が翻訳されるようになりました
<option> 空の内容を持つことができるようになりました
<section> 入れ子にした“section”要素の見出しをすべてh1”要素にしてアウトラインを形成することができなくなりました
<tfoot> tbody”要素よりも前に配置することができなくなりました
<time> 要素の内容が“datetime”属性を持つ場合はフレージング・コンテンツ、それ以外の場合はテキストになりました。

属性の変更点

追加された属性

以下の属性はHTML5.1で新しく追加されました。

要素 属性 用途
<a> rev="" リンク先から見た現在の文書との関係
<iframe> allowfullscreen 全画面モードにすることを許可する
<img> sizes="" 画像を表示するサイズ
srcset="" 使用可能な画像ファイルのセット
<input> inputmode="" ソフトウェアキーボードの入力モードを指定する
<link> rev="" リンク先から見た現在の文書との関係
<script> nonce="" “Content Security Policy”のワンタイムトークンを指定する
<source> sizes="" 画像を表示するサイズ
srcset="" 使用可能な画像ファイルのセット
<style> nonce="" “Content Security Policy”のワンタイムトークンを指定する

以下のグローバル属性はHTML5.1で新たに追加されました。

属性 用途
draggable="" ドラッグが可能かどうかを指定する
dropzone="" ドロップしたアイテムの受け入れ方法を指定する

以下のイベントハンドラ属性はHTML5.1で新たに追加されました。

属性 用途
oncancel="" ダイアログをキャンセルした時に実行されるスクリプト
onclose="" ダイアログを閉じた時に実行されるスクリプト
oncopy="" 要素上でコピーした時に実行されるスクリプト
oncut="" 要素上で切り取りをした時に実行されるスクリプト
ondragexit="" ドラッグしたアイテムが要素に実行されるスクリプト
onmouseenter="" マウスのカーソルを要素の上に移動した時に実行されるスクリプト
onmouseleave="" マウスのカーソルを要素の外に移動した時に実行されるスクリプト
onpaste="" 要素上で貼り付けをした時に実行されるスクリプト
onresize="" ウィンドウサイズを変更したときに実行されるスクリプト
onshow="" 操作メニューを表示した時に実行されるスクリプト
onstalled="" メディアのデータが読み込めなかった時に実行されるスクリプト
ontoggle="" 開閉式のウィジェットを開閉した時に実行されるスクリプト
onwaiting="" メディアの再生がバッファリングのために途中で止まったときに実行されるスクリプト
onwheel="" 要素上でマウスのホイールを回した時に実行されるスクリプト

変更された属性

以下の属性はHTML5.1で変更されました。

要素 属性 変更点
<a> rel="" rel="noopener"”を指定できるようになりました
<area> alt="" map”要素内に同じリンク先のarea”要素がある場合でも属性値を省略できなくなりました
rel="" rel="noopener"”を指定できるようになりました
<img> alt="" title”属性を持つ場合や知人に送るHTMLメールである場合でも省略することができなくなりました
width="" width="0"”を指定できるようになりました
<input> multiple type="range"”の時は指定できなくなりました

以下のグローバル属性はHTML5.1で変更されました。

属性 用途
accesskey="" 属性値として複数の値を指定することができなくなりました

廃止された属性

以下の属性はHTML5.1では廃止されたため使用できません。

要素 属性 用途
<area> hreflang="" リンク先の記述言語
type="" リンク先のMIMEタイプ
<label> form="" 関連付けるform”要素の“id”属性値
<object> usemap="" 関連付けるmap”要素の“name”属性値

以下のイベントハンドラ属性では廃止されたため使用できません。

属性 用途
onreadystatechange="" 文書の読み込みのステータスが変化した時に
HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク