このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

フレージング・コンテンツ

記事Aug.14th,2020
テキストを表す要素が分類されるフレージング・コンテンツの一覧。

“フレージング・コンテンツ”とは?

フレージング・コンテンツ(Phrasing content)”は文書のテキストとテキストをマークアップする要素が分類されるカテゴリーです。フレージング・コンテンツの集まりが段落を形成します。

フレージング・コンテンツに分類される要素はすべてフロー・コンテンツにも分類されます。

HTML4までのインライン要素に分類された要素はフレージング・コンテンツに分類されています。

フレージング・コンテンツに分類される要素

要素 用途
<a> ハイパーリンクを表す
<abbr> 略語や頭字語を表す
<audio> 音声コンテンツを埋め込む
<b> 特別なテキストを表す
<bdi> 書字方向が異なるテキストを表す
<bdo> テキストの書字方向を指定
<br> 改行を表す
<button> ボタン
<canvas> スクリプトによる描画領域を表す
<cite> 作品のタイトルを表す
<code> ソースコードなどを表す
<data> 機械可読な形式で表す
<datalist> テキスト入力欄の入力候補を表す
<del> 削除された内容を表す
<dfn> 定義される用語を表す
<em> テキストの強調を表す
<embed> 埋め込み外部コンテンツ
<i> 質が異なるテキストを表す
<iframe> 他の文書の埋め込み
<img> 画像を埋め込む
<input> 入力欄
<ins> 後から追記された内容を表す
<kbd> 入力するテキストの例を表す
<label> フォームの内容のラベル
<map> イメージマップを定義
<mark> 他の場所からの参照のためにハイライト
<meter> 計測値
<noscript> スクリプトが無効な環境での代替内容を表す
<object> 埋め込み外部リソース
<output> 出力結果
<picture> レスポンシブな画像を埋め込む
<progress> 進捗状況
<q> 短い引用を表す
<ruby> ルビを振るテキストを指定
<s> すでに正確ではない部分を表す
<samp> 出力されるテキストの例を表す
<script> スクリプトを埋め込む
<select> 選択式の入力欄
<slot> スロット
<small> 細字部分を表す
<span> 特定の範囲をグループ化
<strong> テキストの重要性を表す
<sub> 下付き文字を表す
<sup> 上付き文字を表す
<template> スクリプトで使用するテンプレートを表す
<textarea> 複数行のテキスト入力欄
<time> 日付や時刻を機械可読な形式で指定
<u> テキストのラベル付けを表す
<var> 変数を表す
<video> 映像コンテンツを埋め込む
<wbr> 改行可能な箇所を指定
自律カスタム要素 JavaScriptを用いて定義する独自の要素
テキスト テキスト

以下の要素は指定された属性などの条件によってフレージング・コンテンツに分類される場合があります。

要素 用途 条件
<area> イメージマップの領域を指定 map”要素の子孫要素である場合
<link> 外部リソースと関連付ける body”要素内に配置できる場合
<meta> その他のメタデータを表す itemprop”属性を指定した場合
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク