このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

HTML5で変更された要素

HTMLタグ辞書
HTML4からHTML5.2までに意味合いや使用方法が変更になった要素の一覧

変更された要素

以下の要素は使用方法や意味、用途が変更されています。今までと同じ用途では使用できない可能性がありますので注意が必要です。

要素 変更点
<a> href”属性を持たないa”要素はプレースホルダー(場所取り)を表すようになりました
<address> 直近の祖先要素に当たるarticle”要素もしくはbody”要素の連絡先情報を表すようになりました
<b> 定義が太字から記事のリード文など他の文章とは区別したいテキストに変わりました
<blockquote> footer”要素cite”要素を要素内に配置して引用元などを示すことできるようになりました
<div> dl”要素内に配置できるようになりました
<dl> 定義が定義リストから説明リストに変わりました
会話文を表すことはできなくなりました
<figcaption> figure”要素内での配置場所の指定がなくなりました
<footer> セクショニング要素内に配置されている場合入れ子にすることができるようになりました
<header> セクショニング要素内に配置されている場合入れ子にすることができるようになりました
<hr> 定義が水平線から段落レベルのテーマの区切りに変わりました
<i> 定義がイタリック体から専門用語や多言語の語句等他とは質が異なるテキストに変わりました
<input> type="submit"”の“value”属性の値が翻訳されるようになりました
<legend> fieldset”要素内の“legend”要素内に見出し要素を配置できるようになりました
<main> hidden”属性を使用して表示されるのが一つである場合に限り複数の“main要素”を文書内に配置できるようになりました
<s> 定義が取り消し線から正確ではない内容や関係性のない内容に変わりました
<section> 入れ子にした“section”要素の見出しをすべてh1”要素にしてアウトラインを形成することができなくなりました
<style> body”要素内に配置できるようになりました
<option> 空の内容を持つことができるようになりました
<small> 定義が小さめの文字から細目のような注釈に変わりました
<strong> 定義が強い強調から重要性の高いテキストに変わりました
<tfoot> tbody”要素よりも前に配置することができなくなりました
<time> 要素の内容が“datetime”属性を持つ場合はフレージング・コンテンツ、それ以外の場合はテキストになりました。
<u> 定義が下線付きからテキストのラベル付けに変わりました
HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク