このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

HTML5.2への変更点

HTMLタグ辞書
HTML5.1からHTML5.2への要素や属性の主な変更点。新しい要素と属性や変更、廃止された要素と属性の一覧

HTML5.2

HTML5.2とは?

HTML5.2は2017年12月14日にW3Cによって勧告されたHTML5のマイナーアップデートです。大幅な変更はありませんが要素や属性の細かな仕様変更が行われています。

要素の変更点

追加された要素

以下の要素はHTML5.2で新しく追加されました。

要素 用途
<dialog> ダイアログボックスを表す

変更された要素

以下の要素はHTML5.2で変更されました。

要素 変更点
<div> dl”要素内に配置できるようになりました
<legend> fieldset”要素内の“legend”要素内に見出し要素を配置できるようになりました
<main> hidden”属性を使用して表示されるのが一つである場合に限り複数の“main要素”を文書内に配置できるようになりました
<style> body”要素内に配置できるようになりました

廃止された要素

以下の要素はHTML5.2では廃止されたため使用できません。

要素 用途
<menu> 操作メニューを表す
<menuitem> 操作メニューの項目を表す
<keygen> 暗号鍵を生成する

属性の変更点

追加された属性

以下の属性はHTML5.2で新しく追加されました。

要素 属性 用途
<a> referrerpolicy="" リファラーポリシーを指定する
<area> referrerpolicy="" リファラーポリシーを指定する
<iframe> allowpaymentrequest “Payment Request API”の実行を許可する
referrerpolicy="" リファラーポリシーを指定する
<img> longdesc="" 画像を説明した文書へのリンク
referrerpolicy="" リファラーポリシーを指定する
<link> nonce="" “Content Security Policy”のワンタイムトークンを指定する
referrerpolicy="" リファラーポリシーを指定する

以下のイベントハンドラ属性はHTML5.1で新たに追加されました。

属性 用途
onauxclick="" 要素をマウスのホイールボタンでクリックした時に実行されるスクリプト

変更された属性

以下の属性はHTML5.2で変更されました。

要素 属性 変更点
<a> rel="" rel="noreferrer"”を指定できるようになりました
<iframe> sandbox="" sandbox="allow-presentation"”を指定できるようになりました
<link> rel="" rel="canonical"を指定できるようになりました
<meta> name="" name="referrer"”を指定できるようになりました

廃止された属性

以下の属性はHTML5.2では廃止されたため使用できません。

要素 属性 用途
<input> inputmode="" ソフトウェアキーボードの入力モードを指定する

以下のグローバル属性はHTML5.2では廃止されたため使用できません。

属性 用途
dropzone="" ドロップしたアイテムの受け入れ方法を指定する

以下のイベントハンドラ属性はHTML5.2では廃止されたため使用できません。

属性 用途
oncontextmenu="" コンテキストメニューを表示した時に実行されるスクリプト
oncopy="" 要素上でコピーした時に実行されるスクリプト
oncut="" 要素上で切り取りをした時に実行されるスクリプト
onpaste="" 要素上で貼り付けをした時に実行されるスクリプト
onwheel="" 要素上でマウスのホイールを回した時に実行されるスクリプト
HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク