このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

b要素:特別なテキスト

記事Apr. 30th,2015
July 7th,2020
重要性を変えることなく注目させたいテキストを表す要素
この記事はHTML Living Standardに対応しています。
この記事はHTML Living Standardに対応しています。

要素について

b”要素は重要性を伝える必要がなく、また引用や定義といった意味合いもないが注目させたいテキストを表します。

文章中のキーワードやレビュー記事の中の製品名、記事のリード文などに用いることができます。

他に適切な要素(重要性の高いテキストはstrong”要素、強調したいテキストはem”要素、特定の関連性を持って強調したいテキストはmark”要素など)がある場合はその要素を使用します。

サンプルコード

<p><b>一度使ったら手放せない、もう掃除ロボットのレビュー。</b></p>
<p>実はつい先日、掃除ロボット“<b>サンバ</b>”を購入しました。今回は使ってみた感想などを書いていこうと思います。</p>

一度使ったら手放せない、もう掃除ロボットのレビュー。

実はつい先日、掃除ロボット“サンバ”を購入しました。今回は使ってみた感想などを書いていこうと思います。

一般的なブラウザでは“b”要素の内容は太字で表示されます。

属性と値

属性
属性 説明 説明
必須属性
なし
任意属性
グローバル属性

“太字”を表す

HTML4まで

HTML4までは“b”要素はスタイリング用の要素の一つで太字にするための要素でした。HTML5でも一般的なブラウザでは“b”要素の内容は太字で表示されますが、太字にする目的で使用するのは適切ではありません。

代替方法

特別な意味を持たせることなく太字にしたい場合はspan”要素などにスタイルシートのfont-weight”プロパティを指定します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプルの文書</title>
<style>
.text-bold {
font-weight: bold;
}
</style>
</head>
<body>

<p>特に意味のないテキストだが<span class="text-bold">この部分</span>だけは太字にしたかったのでスタイルシートで太字にしてみた。</p>

...

仕様書

b”要素はHTML1.0から定義されている要素です。意味が変更されましたが現行の仕様であるHTML Living Standardでも定義されています。

HTML 4 HTML 5 HTML 5.1 HTML 5.2 HTML Living Standard
<b>
定義あり

定義あり

定義あり

定義あり

定義あり
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク