このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

em要素:テキストの強調

記事Apr. 18th,2015
July 7th,2020
強調されたテキストを表す要素
この記事はHTML Living Standardに対応しています。
この記事はHTML Living Standardに対応しています。

要素について

em”要素は強調されたテキストを表す要素です。

強調によって文章全体の意味合いが変わる部分に使用します。

入れ子にされた“em”要素は祖先となる“em”要素よりもさらに強調の度合いが高いことを表します。

周りとは質が異なるが強調するものではない場合はi”要素、他の文脈との関連性から参照を目的として強調したいテキストはmark”要素を使用するのが適切です。

他に適切な要素(引用元はcite”要素、重要性が高いテキストはstrong”要素など)がある場合はその要素を使用します。

サンプルコード

春はあけぼのの頃が良いと言っているのは清少納言である
<p><em>清少納言</em>によると春はあけぼのの頃が良い。</p>

あけぼのの頃が良いのは春である
<p>清少納言によると<em></em>はあけぼのの頃が良い。</p>

春に良いのはあけぼのの頃である
<p>清少納言によると春は<em>あけぼのの頃</em>が良い。</p>
春はあけぼのの頃が良いと言っているのは清少納言である

清少納言によると春はあけぼのの頃が良い。

あけぼのの頃が良いのは春である

清少納言によるとはあけぼのの頃が良い。

春に良いのはあけぼのの頃である

清少納言によると春はあけぼのの頃が良い。

一般的なブラウザでは“em”要素の内容は斜字で表示されます。

属性と値

属性
属性 説明 説明
必須属性
なし
任意属性
グローバル属性

仕様書

em”要素はHTML1.0から定義されている要素です。現行の仕様であるHTML Living Standardでも定義されています。

HTML 4 HTML 5 HTML 5.1 HTML 5.2 HTML Living Standard
<em>
定義あり

定義あり

定義あり

定義あり

定義あり
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク