このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

HTMLタグと要素

HTMLタグ辞書
HTML5のタグと要素について

HTMLタグ

HTMLタグとは?

タグ(tag)”は本来は荷札やふせんといった意味をもつ単語ですが、HTML“タグ”はHTML文書をマークアップするのに使用するいわゆる“目印”です。タグで“目印”を付けることによってその部分の文書構造上の役割や機能を指定します。

機械、コンピュータに向けた“目印”なので、HTMLタグ自体はブラウザ上には表示されません。

HTMLタグの構造

要素とは?

HTMLタグは3つの部分から構成されます。

<p>バナナが美味しい</p>

<p>”を“開始タグ”、“/(スラッシュ)”が入った“</p>”を“終了タグ”、その間の部分を“内容”と呼びます。これらを合わせて“要素(element)”と呼びます。終了タグを持たない“要素”もあります。また、終了タグを持つ要素でも終了タグを省略できる場合があります。

HTMLタグは半角英数字で記述します。HTML5では大文字と小文字は区別されません。以前は大文字でそろえられることが多かったですが、近年では小文字でそろえるのがトレンドのようです。なお、XHTMLではすべて小文字で記述する必要があります。

XHTML”は“The Extensible Hyper Text Markup Language”の略でXMLの仕様に従って記述された文書のことです。

要素の分類

HTML4では要素はブロック要素とインライン要素に分類されていましたが、HTML5ではメタデータ・コンテンツ、フロー・コンテンツ、セクショニング・コンテンツ、ヘッディング・コンテンツ、フレージング・コンテンツ、エンベッディッド・コンテンツ、インタラクティブ・コンテンツ、セクショニング・ルートと細かく“カテゴリー”に分類されています。複数の“カテゴリー”に属する要素もあります。

また、要素はその内容に含むことができるコンテンツ(要素のカテゴリー、特定の要素など)が決められていて、その定義を“コンテンツ・モデル(contents model)”と呼びます。要素の内容はその“コンテンツ・モデル”で決められたものに一致するコンテンツである必要があります。

属性

要素にはさらに細かく性質や設定を指定する“属性”を埋め込むことができます。

<a href="sample.html">リンク</a>

href”の部分を“属性(attribute)”、性質や設定を記述した“sample.html”の部分を“(property)”、もしくは“属性値”と呼びます。

“属性”は半角スペースで区切ることで複数埋め込むことができます。

<img src="sample.png" alt="サンプル画像">

“属性”には必ずその“要素”に指定しなければならない“必須属性”と省略が可能な“任意属性”があります。

基本的に“属性”は“要素”ごとに使用できるものが決められていますが、すべての要素に埋め込むことができる“属性”もあり、これらはグローバル属性と呼ばれます。

HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
HTMLタグ辞書
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク